Blondy 51
アクションフィギュア大好き・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神優勝でも、まだ届かないザブングル・・・
0591004.jpg


昨日の阪神優勝特番で、ビールかけの時にウイリアムスがカメラに向かって「パ・リーグシバクゾ!」と叫んでいたのが一番面白かった・・・という感想は置いておいて、巷のTOYショップには既に、超合金魂「ザブングル」が店頭に並んでいるというのに、某ショップで通販予約をしてしまった自分の手元には未だ届いていない・・。
[阪神優勝でも、まだ届かないザブングル・・・]の続きを読む
スポンサーサイト
岡山県にて
tuyama.jpg

とある用事で、昨日日帰りで岡山へ。
写真はJR津山駅前。
川がきれいだった・・・。
アメリカ版東映怪人
us-1.jpg


実は、随分以前からパワーレンジャーを始めとするアメリカ版東映特撮系のフィギュアを集めていて、その中でも特に国内ではアクションフィギュア化されていない脇役キャラや敵側の怪人、戦闘員に注目して集めていたりする。
[アメリカ版東映怪人]の続きを読む
仕事の区切り・・・
059810.jpg

がついた。
テレビの仕事はいろいろな制約や、いろいろな力関係が加わってくるので、毎回、完全には自分が思っている通りにはならない。
[仕事の区切り・・・]の続きを読む
プロテクトギア
keru-001.jpg


1/6アギトとクウガを引っ張り出したついでに、一緒に飾ってあったドラゴン製1/6プロテクトギアも久々に出してみた。
[プロテクトギア]の続きを読む
ライダーマスクコレクションを比較
ryu-001.jpg


長い間、ガラス戸棚の中に飾りっぱなしだったバンダイ製の1/6クウガとアギトを引っ張り出してきて、ライダーマスクコレクションと比較してみたら、以外にも、ライダーマスクコレクションの方がひとまわりぐらい大きかった。
[ライダーマスクコレクションを比較]の続きを読む
ライダーマスクコレクション
kamen01.jpg


今日、出社途中にセブンイレブンに立ち寄ったら売ってたのでとりあえず2個買ってみた。
[ライダーマスクコレクション]の続きを読む
R&Mゾルダ
0591006.jpg


なんとなく響鬼の流れで、装着変身ネタばかり書いているが、同サイズのR&Mも実は少しだけ持っていたりする。
その中でもゾルダは買った当初、一番のお気に入りだった。
[R&Mゾルダ]の続きを読む
今日は選挙
0591003.jpg

に行ってきた。
投票所は目の前の小学校だが、普段は入れない場所。
投票の帰りに見た閉鎖的な校庭からの町の風景が妙に新鮮に見えた...。

ようやく
0591002.jpg


仕事の台本修正が終わった・・・。
バタバタな上に、二転三転したので、今回は3倍ぐらいの労力を使ったかも。
後は、恐怖の修正待ちだが・・・。
轟鬼さんってば・・其の二
0591001.jpg


昨日、帰ってから早速、例の出っ張りにディスクアニマルを挿してみた。
「おお!なるほど」
と関心ついでに、一応取説を引っ張り出してきて見てみると、取説にもちゃんと出っ張りの使い方が書かれていた…。
取説はちゃんと読んでおくべきでした…(反省

装着変身って、意外と芸が細かいっス。
仕事の連絡入るが・・
059807.jpg


更に二時間待てだと…!?
ホントに間に合わなくなるよ…。
響鬼さんの行方…其の二
059809.jpg


世間は『のまネコ騒動』らしいですが…前回の続き。
番組を降板させられたプロデューサー(以後P1号)と、変わりに入ることになったプロデューサー(以後P2号)のお二人について、私個人は全く面識はないのだが、彼らを良く知っている某俳優さんとお仕事をさせて貰った時に、興味本位でP1号とP2号の人柄について聞いてみた時のお話。
P2号についてはどちらかと言うと流行りとかを一応意識するタイプで、どちらかというとまだ、モテたいという考えがある人らしく、分かり易く言い換えれば、特撮ファンと一般層両方の支持を得たいという考えの持ち主ではないかと…。
逆にP1号の方はかなりのオタクでマニアックに作品を考えているタイプらしい。
(※あくまで某俳優さんの意見なので、それが全て真実かどうかは断定できないよ)
で、そのP1号が響鬼の情報公開に当たって、各出版社にかつてない程の制限と細かいチェックを入れる条件を出した為、各出版社からかなりのブーイングを浴びているという事も聞いた。
詳しい内容を忘れてしまったが、それまでの特撮番組では考えられなかったくらい細かい指示やチェックが入ったらしい。
で、その話を聞いたのが丁度放送開始直前だったのだが、某俳優さんはこのままでは響鬼は非常にヤバイぞというような発言をされていたのだ。
P1号に対して各出版社がかなり怒っているので、何かで突き上げを食らうとP1号は非常にヤバイ立場に陥る可能性があるぞ!と、その時点で断言されていた…。
今回のプロデューサー降板劇を知った時に、まず思い出したのである…この話を。
この降板劇に出版社の力が働いたかどうかは知らないが、何にせよ、その予兆は番組開始当初から少なからずあったのかも知れない…。

ただ、私自身は少なくとも、P交代前の響鬼は好きで毎週楽しみに観ていた番組だし、両プロデューサーが作られた他の作品もそれぞれ好きだったので、どちらのプロデューサーさんも別に嫌いじゃないのだが、こういう状況に立たされた両プロデューサーの立場を想像してみると、どちらも辛いろうなと…。



轟鬼さんってば・・
059805.jpg


仕事の返事待ちで夕方まで作業ができない状態…。
なので、ついでに轟鬼さんの装着変身の事も書いてしまおう。

装着変身の轟鬼、基本的には響鬼、威吹鬼と同様の可動で、武器類、アクセサリー類のディテール、彩色も良くできていると思う…のだが、ちと残念なのは顔が少し縦に間延びした印象なのと、左手首のブレスの反対側にボコっと出た出っ張り(?)が邪魔な所。この出っ張りは成型の都合上のモノなのか、後々何かオプションを取り付ける為のモノなのか、買った当初に疑問に感じた箇所である。烈雷のディテールが良いのに反して勿体無い箇所ではなかろうか?

それにしても、最初にこの3人目のライダー(鬼としては弾鬼、裁鬼の次に登場)の顔の画像を見た時には正直、怪人に見えた(ウルトラセブンの宇宙人みたい!)し、いきなり斬鬼とのツーショット変身で、しかも当初の呼び名は「戸田山変身体」!インパクト充分の初登場だった。
ドラマを見ているとやっぱり斬鬼さんも欲しくなってしまう…と思ったら、今月末、装着変身発売ですか。
単なる色違いなんだろうけど…買ってしまうかもな…。

059804.jpg

威吹鬼さんの名前
059803.jpg


装着変身の威吹鬼さん。
最初、威吹鬼さんの色とデザインがライバルキャラっぽく感じて、あまり好きじゃなかったけど、最近は逆に一番カッコいいなーと感じている。
装着変身の響鬼シリーズって各関節の可動範囲もまあまあ広く、ポージングも決まり易いので、悪くはないのだが、肩の形がちょっと変かな…と。
なんか、腫れ上がってるみたいで…。

で、あんまり関係ない話だが、響鬼の2人目のライダーの名前が「イブキ」だと知った時に世の中で一番「ヤメテ!」と思ったのは私ではないだろうか?
と、いうのも、同時期に私が撮っていた監督作品の主人公の名前と同じだったからである!!低予算のマイナー制作会社とはいえ、一応、こちらも商業作品として作っていただけに、メジャーさんの、それも仮面ライダーとネーミングが被るなんて、絶対にしたくなかった事だけに悔しい…けど、被っていると知ったのは、こちらの撮影が全て終了した頃だったので、後の祭り…。
ちなみにこちらの作品では「イブキ」は女の子なのだが…。

059802.jpg

少しずつ・・
モブログの設定とか、分かってきたゾ!
昨日の会議で、例の関西ローカルの番組の脚本に修正指示が多数出る(!
で、本来なら急ぎで書き直さないといけないのだが、未だ連絡が入る予定の出演者のスケジュールの連絡が来ない為、ストップ中!
どーなってるんだー!?
早いことしないと、撮影日が迫ってくるぞー!


「ローレライ」を鑑賞
059801.jpg


昨日、会社の同僚から「ローレライ」のDVDを借りて鑑賞。
過度の期待をせずに観た為か、結構良かった。
公開時に劇場に観に行った同僚の話によると、劇場ではCG部分の違和感はあまり感じなかったのに、DVD版では少し違和感が出ていたとの事。
確かにCGだな!って感じるカットが多かったが、それよりも、絶対CGだろと思っていたB29がメイキングを観ると、ミニチュアで撮影されていたのに驚いた。折角ミニチュアを作っているのに、CGに感じられてしまうのも勿体無い気がするのだが…。
それにしても感心したのはB29のシーンも含め、合成用の素材の背景が結構適当に撮られている(ように見える)のに、完成版では綺麗に背景が抜かれていた所。合成ソフトが優れているのか、非常に細かい手作業で背景を抜いているのか、仕事柄気になってしまった。
あと、この作品で興味があったヒロイン「パウラ」はやはりアヤナミっぽかった(笑。包帯グルグルのシーンとか。
欲を言えばもう少し彼女の活躍が目立てばよかったかな…。

とはいえ、最近見た邦画の中では非常に高得点な作品だと思うし、こういういい意味で特撮臭がする作品がもっと観たいものである。





響鬼さんの行方・・・
05-09-04_22-54.jpg


最近の話題といえば、「仮面ライダー響鬼」のプロデューサー降板劇。
それまでの響鬼が面白いと感じて見続けてきた一視聴者としては、プロデューサーの交代に伴う、脚本家の入れ替え等によって今後の物語がどう変化してしまうのか、非常に不安に感じてしまう。
アギト以降のライダー同士のいがみ合い的な確執関係を描くパターンのドラマ展開が、正直食傷気味になっていた時に始まった響鬼はやはり新鮮だった。
この微妙に「のんびり」した展開と「ヒーローは裏切らない」ストーリーは見ていて心地よかっただけに、それがプロデューサー交代後も維持されるのかが気がかりで、不安である。
このプロデューサー降板劇は、今年のライダー玩具の売れ行きが原因だと言う話を耳にした。非常に悪いのだそうだ…。(まあ、それ以外にも何かあったのかも知れないけど…)ディスクアニマルだけが売れて、それ以外の玩具が全然売れていないらしい…で、スポンサーである玩具メーカーが、玩具がもっと売れる内容に変更しろ!と番組内容の変更を要求したが、頑固なプロデューサーがそれを拒否した為、降ろされる結果に…(あくまで想像だが・・・)?

実は自分は、この降ろされたプロデューサーに関して、響鬼が始まる頃に仕事でご一緒した某俳優さんから予言とも言える話を耳にしていたのだが…
それはまた別の機会に書くことにしよう。





モデルガンのお話
059811.jpg


携帯から投稿すると、カテゴリが映画になってる・・?
まあ、とりあえず、そのうち分かってくるのかな・・?

本日、某関西ローカルのミニドラマの脚本を書き上げる。
2クール目に入るので、変化をつけようとしたけど、枚数的に少々尺がオーバーしそうで不安である。

-----------------
とりあえず、趣味のお話。
自分はガンアクション映画が大好きで、それが高じてモデルガンコレクターになってしまったのだが、実はこの1年ほど前まではすっかりモデルガンから離れていたのだ。
それが今では再び、集め出してしまっているのだが、そのきっかけになったのが、映画「SWAT」を観た為という子供っぽい理由から・・・。
1年ぐらい前にたまたま立ち読みしたGUN雑誌に「SWAT」で使っていた拳銃「キンバーSWATカスタムⅡ」のモデルガンが発売されるとの情報が掲載されているのを発見し、そのモデルガンを買った事が、私のモデルガン熱を再燃させてしまった・・・。
その「キンバーSWATカスタムⅡ」、今ではどこのショップにも在庫が無いようなので、発売当時に買っておいて本当に良かった。
そして、実は、この結構貴重なモデルガンを自分の監督作品で使用しているのであるが・・まだ、その作品は発売されていない(来年、某メーカーよりDVD発売予定)・・・。

で、そんなこんなで、実は今は「セルジオ・レオーネ」とマカロニ寄りの西部劇にはまってしまっていて、最近のお気に入りはクラフトアップル製のモデルガン「コルトSAAアーティラリー」!
真鍮TG、BS付きのを買って、純正のワンピース木グリを付けた物。
ハンマーSPも耐久性を考えて、長持ちするように別売りの1.2mmの物に取り替えてある。
マカロニの雰囲気充分である・・・が、このモデルガンはSAA2ndモデルといって第二次世界大戦以降に製造された実銃をモデルにしているらしい・・。
クラフトアップルさんには是非、1stモデルも作って貰いたい。


タイトルなし
モブログテスト☆
テスト・・
とりあえず、ブログをはじめます。
ヨロシク・・
SEO対策:武装神姫 SEO対策:ガンダム SEO対策:仮面ライダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。