Blondy 51
アクションフィギュア大好き・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仮面ライダー響鬼 最終回 感想
P1220002.jpg

昨日、終わりました。
うーん・・。
47話でオロチを鎮める事で命を落とすかも知れないという前フリを延々やってたのにねぇ・・。
オロチ現象を鎮める戦い自体がクライマックスだぞ!と思わせて・・
期待を煽るだけ煽っておいて、あの最終回・・。
更に唐突に一年後から物語を始めた上にオロチを鎮めた事については全部無視ですか・・。
制作者側が意図的に視聴者を期待させておいて肩透かしを食らわせるのは如何なもんでしょうかねぇ・・。
・・としか言いようがないですよ正直。
(しかも47話で主役のクレジットを入れ忘れるなんて、常識では考えられないミスを犯しているし・・)

P1220007.jpg


東映さんワザとですか?

1年後を描いた本編の方ですが、子供を助けようとしている明日夢の居場所を京介はどうやって知ったの?しかも駆けつけるの早すぎ!
(間の時間経過を省いているとしてもあの演出ではそれが伝わらない!)
更にもっちーが魔化魍にさらわれて変な水槽に漬かっていましたが、アレやる必要あったんでしょうか?この寒い中、女優さんをわざわざ水に漬けてまでやった割りにはそれにあまり意味が無かったようだし・・(もっちー役の女優をいじめているだけにしか見えないよ)。
そして、ついにやってしまった京介の変身・・。
多分視聴者の大多数が望んでいなかったであろう一番変身して欲しくないキャラを最後に変身させる展開・・。
京介が変身するシーンで盛り上げるBGMがかかっていましたが、全然気分が盛り上がりませんでしたよ。
自分は正直、明日夢に変身して欲しいとは思っていませんでしたが、それ以上に京介が鬼になれるという展開にはして欲しくなかった。
それ以上に思ったのは、最終回のあのワンシーンの為だけに着ぐるみを改造して作る暇と予算があったのなら、なぜ、あきらが変身した時に同じように着ぐるみを作らなかったの!と言いたい。
京介より何百倍もあきらというキャラが好きだった自分としては一番納得いかない部分ですよ!

P1220012.jpg


響鬼って始まった当初(つまり29話まで)は物語の整合性や展開の辻褄が合うように丁寧に作りこまれていた事に好感を持って観ていました。
その頃の響鬼と比較すると後半(30話以降)は全体的にご都合主義的な展開になりがちで、そういう粗が目立ちすぎる為に正直物語にのめり込めなかった(見ていて醒める)気がします。
せめて最終回ぐらいは丁寧に作って欲しかったけど、制作サイドの気持ちは既にカブトにいっちゃってたんですかね・・。

自分なりの結論としては、シリーズ前半で作られたキャラの魅力だけで後半も見続けていただけだったんだなと思いました。
よくよく考えると京介と朱鬼以外の登場人物はシリーズ前半でキャラクターとして完成していた訳で、完成された物を壊されないかドキドキしながら見ていたシリーズ後半ってやっぱりどうだったんだろうなぁ・・と。

P1220014.jpg

さてさて、来週からは「仮面ライダーカブト」が始まる訳ですが、響鬼での不完全燃焼な気分を吹き飛ばしてくれるような作品になってくれるんでしょうか・・。

SEO対策:武装神姫 SEO対策:ガンダム SEO対策:仮面ライダー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blondy51.blog23.fc2.com/tb.php/101-bf15d546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。