Blondy 51
アクションフィギュア大好き・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コトブキヤ メインウエポン&サイドアーム
K1250010.jpg

コトブキヤワンコインシリーズにいきなり登場した1/6ミニチュアガン。
とりあえず発売されていたので試しに3個買いました。

K1250011.jpg

↑全6種×2バージョンだそうですが、自分はいきなりダブりました・・。
(XM177のオールドフィニッシュ2個とP551のオールドフィニッシュ)

K1250012.jpg

↑XM177のギミックはマガジン脱着、ストックの伸縮、エジェクションポートカバーの開閉、コッキングレバーが引ける(スプリング内臓)。
P551のギミックはマガジン(3連で1個ずつバラせる)の脱着、ストックの折りたたみ、スコープの脱着、コッキングレバーが引ける(スプリング内臓)。
ちなみにP551の実銃のマガジンは半透明の樹脂製で中の弾が見える構造になっていますが、この製品では再現されていません(塗装でごまかしてます)。


K1250014.jpg

↑折角なので他社との比較。
上からドラゴン製、ザッカピーエーピー製、コトブキヤ製。
よく見るとドラゴン製の方がディテールが細かい(セレクター裏面のピン穴やグリップ底の空洞も再現している)のだが、マガジンの前後幅がやや大きい。
ザッカピーエーピー製の方は無難にまとまってはいるが、細かいディテールが省略されていたり、ギミックも少なめだったりと正直中途半端な印象。
コトブキヤ製はこれだけ見れば結構いい出来なのだが、ドラゴン製と比較するとディテールが少し甘い(ドラゴンのように綺麗にエッジが立っていない)のに気付いてしまう・・。
あと、オールドフィニッシュっていうのもあまり嬉しくないかな・・。

K1250013.jpg

↑実際に1/6フィギュアに持たせてみた。
ボークス製の握り手でもちゃんと握れました(笑。

K1250016.jpg

↑ハンドガンの方。
これはXM177に付属のP228。折角のシルバー塗装の上からへんな汚しを入れているので、最初は彩色ミスかと思った・・。
ちなみにP228はトリガー、ハンマー可動でマガジン脱着可。
スライドは固定である。

K1250022.jpg

↑P551に付属のP7(コンペ付き)
こっちはスライド可動(だが、スプリング内臓の為ホールドオープンにはできない)、マガジン脱着可。こんな小さなのものにスプリングを入れる意味がない!
しかも変なコンペセイター付けてるし・・。

K1250015.jpg

↑ちなみにボークス製素体の握り手ではグリップの太いハンドガンは持てません!(写真はクールガール素体)

K1250018.jpg

↑P551からかっこ悪いスコープを外してみました。
ストック折りたたんでみましたが、エジェクションポートに思いっきり被ってしまいますよ~!

K1250019.jpg


まとめっぽい事を書くと、正直期待していた割にはこの程度の出来か・・と残念です。

もし、第2弾があるならばディテールの詰めが甘い所と余計なギミックは排除した形で再チャレンジして欲しいと思ったのと、あと銃の選定があまりにもダサい(古臭い)ですヨ!
今時、XM177やMP5なんて出されても・・って感じです。
(HkならG36やMP7、M16系ならM4が妥当かと)
担当者の方にはもっと銃の流行を勉強して欲しいッス・・。

SEO対策:武装神姫 SEO対策:ガンダム SEO対策:仮面ライダー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blondy51.blog23.fc2.com/tb.php/104-d4e2ac7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。