Blondy 51
アクションフィギュア大好き・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コトブキヤワンコイン ロボコップトリロジー
P2100002.jpg

発売前からかなり期待していたんですが・・
想像以上に出来がいいですね~!
今回、5個買ったら全部違うのが出てラッキーでした(笑。
シークレットは出たものの「フライトパック」だけで出ませんでしたので、今回紹介するのはそれ以外の5種です。
以下レビューです・・
P2100003.jpg

↑まずは「ロボコップ」。
「ロボコップ2」タイプのカラーリングになってます。
一応、首、両肩、手首、腰、股、足首が可動になってて、足首はボールジョイントっぽいので、微妙に足のポーズ付けが出来るのと、足首後ろのシリンダー(?)パーツも足首の表情にあわせて少し可動します。

P2100005.jpg

↑背面。
最初、箱から出して見た時、肘や膝の黒い部分が別パーツだったんで、てっきり間接も可動なんだ!と喜んだんですが、実際には動きませんでした。
でも、このパーツ分割ならボールジョイントを仕込んで可動化し易いのでは?と思いますが・・。

P2100006.jpg

↑造形がしっかりしていて、しかも塗装が細かいです。
500円の価値は充分ありますね。

P2100004.jpg

↑ロボコップと言えば反対向いて撃つ!
1作目でこの撃ち方が好評だった(?)のか「2」では必要以上に反対向いて撃ってて、逆に笑えました。

P2100011.jpg

↑ED209。
今回のラインナップの中で一番欲しかった奴です!
明らかに当時の日本のアニメのメカデザインにインスパイアされていますね(笑。
今ならCGで作っちゃうキャラクターなんでしょうが、当時は実物大とミニチュアのモデルアニメーションで動かしていたんですよね・・凄いなぁ。

P2100008.jpg

↑フィギュアの方も文句無しにいい出来ですね。
可動は両肩、腰、股で、微妙にポーズ付けられます。

P2100009.jpg

↑背面
ED209は足のデザインがいいですね。
現実にこれが歩けるのか分からないけど、本当に動けそうに思わせるデザインになってるんですよね。

P2100010.jpg

↑ディテール、細かいとこまで再現してますねー!

P2100012.jpg

↑ED209といえば階段の所で転んで足をジタバタさせるシーンが印象的ですね(笑。
それにしても、足の裏のディテールまでちゃんと再現されてますよ、お見事!

P2100016.jpg

↑ロボコップMk-2(ケイン)。
ED209で驚いていたら、こっちも凄まじく造形が細かい!

P2100017.jpg

↑これも当時、モデルアニメーションで動かしてたんだよなぁ・・。
劇中、かなり凶悪なキャラでしたが、そのデザインも結構凶悪です。

P2100018.jpg

↑ケインに関しては、可動は両脇に付いている小型の腕のみ。
バランスか強度の問題で固定ポーズにしたのかな?
に、しても大きい方の腕の肩部分だけでも可動にして欲しかったけど・・。

P2100020.jpg

↑背面。
ケインにはスタンドが付きますが、スタンド無しでも立ちます。

P2100019.jpg

↑背面アップ。
劇中あまり見せない部分なだけに、新鮮味があって面白いですね。

P2100021.jpg

↑お顔。
劇中では顔部分が観音開きのモニターになってて、ケインのCG顔が表示されていましたね。

P2100024.jpg

↑シークレットの胸像。
出た瞬間に「ええー!?」と思いました・・。
自分はてっきりシークレットはマーフィ顔版のロボコップだと勝手に思っていたんで、まさか胸像とは・・。
出来はいいんですよ、出来は・・でも・・。

P2100025.jpg

↑背面・・。
せめて、分解途中版とか、ダメージ版に出来なかったのかな・・。

P2100026.jpg

↑出来はいいんだけど・・。

P2100014.jpg

↑ロボコップ(3インチ)&ED209(ブロークン)。
1作目のクライマックス、オムニ社前で警備していたED209をロボコップがコブラ砲であっけなく破壊したシーンの再現ですね。
こうなると同スケールのパトカーが欲しくなるなぁ・・。

P2100015.jpg

↑ED209の足は全く同じで、壊れた胴パーツが別造形ですが、ダメージを再現した塗装になってます。
ロボコップの方はコブラ砲を持ってて、首、肩、右手首が可動です。
ちょっと残念なのはコブラ砲のバレルが曲がって接着されてる所。
明らかに小さいロボコップメインで、ED209の足は分量調整っぽいですね(笑。

P2100029.jpg

↑小さいロボコップとED209、ケインは多分同スケールではないかと思います。

P2100022.jpg

↑ロボコップ対ケイン!
こういうシチュエーションを再現できるようにオート9を持ったオプション手首を小さいロボコップに付けて欲しかったところ・・。

P2100028.jpg

↑ロボコップ比較。
ロボコップが最初公開された時、バラエティ番組かなにかで石ノ森章太郎が「ロボット刑事」のパクリだ!と主張し、検証として「ロボット刑事」の映像が流された途端、番組内の観客が失笑していたのを思い出しますが、実際の所、設定はロボット刑事と全然違ってて、どちらかというと「エイトマン」にそっくりな設定だと思うんですが・・。それと、デザインの元ネタは「宇宙刑事」だったそうですが、その宇宙刑事を作った東映は後にロボコップを真似て「機動刑事ジバン」「女バトルコップ」を作ってましたね・・。
こういうのって「インスパイア返し」っていうんでしょうかね?

P2100007.jpg

↑Pちゃんと比較。
小さいロボコップはPちゃんより小さいんですね。
小さいけど、出来はいいんでお気に入りです(笑。
この大きさだと何か同サイズの物があるかも・・

P2100031.jpg

↑ライダーマシンクロニクルの大きさが結構近いですね。
日米警察ヒーロー共演!?

P2100030.jpg

↑あとセブンイレブンのキングコングの人も同じぐらいかな?

まとめ的には、どれも500円の価値充分〈それ以上!)の出来だと思いました。うーん、フライトパックも欲しいなぁ・・。




SEO対策:武装神姫 SEO対策:ガンダム SEO対策:仮面ライダー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blondy51.blog23.fc2.com/tb.php/113-4a7342e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。