Blondy 51
アクションフィギュア大好き・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケナー社製 東映ヒーローフィギュア(VRトルーパーズ)
P7180002.jpg

懐かしいTOYを引っ張り出してきました。
これはバットマンやスーパーマンのフィギュアを製造していたアメリカのTOYメーカーケナーから発売されたトップガンダー、スピルバン、クールギンのアクションフィギュア。
実は10年ぐらい前にアメリカで「スピルバン」「メタルダー」「シャイダー」の映像を再編集し、ドラマ部分をアメリカで撮り足し「VRトルーパーズ」というタイトルで放映されいて、このフィギュアは当時「VRトルーパーズ」として発売された物なんです。
P7180007.jpg

↑スピルバン。
当時のアメリカ人の感覚で造形するとこんな大味な顔になってしまうんですね・・。
フィギュアのサイズはパワーレンジャーのベーシックフィギュアと同じく5インチです。
このシリーズ、他にも「ダイアナレディ」「メタルダー」「キンクロン」等も出ていました。
実は「メタルダー」の金色バージョンを所有していたんですが、現在行方不明になっています・・。

P7180004.jpg

↑背面も同じくアメリカ人独自の解釈で造形されています・・。

P7180008.jpg

↑この後ろ姿はクールギン。
ちゃんとマントが二枚になっているのを再現しているのはいいんですが・・

P7180011.jpg

↑なんだこりゃ!?・・というビックリギミックが搭載されていました・・。

P7180015.jpg

↑ヨロイをカパッと開くと、内部の胸部分が前に倒れて、なぜか剣をセットする箱が・・。
箱の上のボタンを押すと剣がスプリングで飛ぶ(!)仕組みです。
誰が考えたんだ?こんなギミック・・。

P7180012.jpg

↑更に剣を箱に指したまま収納する事も可能。
アメリカ人独自の解釈ですね・・。

P7180020.jpg

↑以前一度紹介しているトップガンダー。
こいつが一番実物に忠実ですね。

P7180016.jpg

↑背面。
アクションフィギュアとしては非常に地味ではありますが・・。

P7180022.jpg

↑なぜか銃だけはアメリカ人独自の解釈でオリジナルデザインが2挺付属しています・・。

ちなみに「VRトルーパーズ」は番組としてはあまり人気が出ず、失敗に終わったそうですが、同時期に始まった「パワーレンジャー」の方は大ヒットとなり、バンダイのおもちゃが飛ぶように売れたそうです。
余談ですがアーノルド・シュワツェネッガー主演の「ジングルオールザウェイ」はパワーレンジャーのおもちゃが大人気で品薄になった事実からヒントを得た作品でした。


SEO対策:武装神姫 SEO対策:ガンダム SEO対策:仮面ライダー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blondy51.blog23.fc2.com/tb.php/171-54edc762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。