Blondy 51
アクションフィギュア大好き・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ版東映怪人
us-1.jpg


実は、随分以前からパワーレンジャーを始めとするアメリカ版東映特撮系のフィギュアを集めていて、その中でも特に国内ではアクションフィギュア化されていない脇役キャラや敵側の怪人、戦闘員に注目して集めていたりする。
画像左はアメリカではVRトルーパーとして放映された(メタルダーとスピルバンとシャイダーの抱き合わせ番組)時に発売された「トップガンダー」。
肩と股間接しか動かないが当時、他にも「クールギン」と「キンクロン」が発売されており「クールギン」も一応所有している(棚の奥に飾っている為、今回は取り出せなかった・・・)。
バンダイから発売されているパワレンと違い、アメリカのメーカー製なので多少アレンジが強いが、当時としてはまあまあ出来はいいと思う。
画像右はパワレンインスペース(メガレンジャー)の敵幹部「ユガンデ」と、戦闘員(クネクネ)に付属していた「ビビデビ」。ユガンデは背中にレバーがあり、レバー操作で右手を上下に振るギミック付き。
ユガンデのボディの緑のラインは前面のみの塗装の為、背面はちょっと寂しいが、当時、メガレンジャーに結構ハマっていた者にはユガンデのアクションフィギュアというだけで大満足だった。しかも、クネクネにはビビデビをつけるという芸の細かさなんかが、国内ではほぼ商品化されないキャラなだけに、アメリカ人を羨ましく感じた・・・。
ちなみにこの二つは両方とも装着変身より少し大きめのサイズである。

SEO対策:武装神姫 SEO対策:ガンダム SEO対策:仮面ライダー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blondy51.blog23.fc2.com/tb.php/19-559cdd5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。