Blondy 51
アクションフィギュア大好き・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HWS M2019 チーフススペシャル ブラスター


「ブレードランナー」に登場したステージガンをモチーフにしたハートフォード製の限定カスタムモデルガンです。
市場に出回った分は随分前に完売しているものと思っていたら、なぜか近所のショップで一挺だけ売っているのを見つけてしまいました!
持ち合わせが無かったけど、この機会を逃すと二度と出会えないかも・・と感じ、思い切ってカードで買っちゃいました・・。

P6291004.jpg

↑写真のように専用の外箱とプラ製ガンケース付きです。
ちなみに私が買った物はバージョン2らしいです。

P6291006.jpg

↑付属品はモデルガン本体に専用カート5発、リチウム電池1個、レンチ2本にマウスパッドと取扱説明書です。
このモデルガンはハートフォード製のM36チーフスペシャルをベースにしています。

P6291008.jpg

↑金額が金額なだけに非常に丁寧な仕上げのモデルガンです。
材質はABSと亜鉛合金に一部ヘビーウエイト素材が使われているようです。

P6291013.jpg

↑カスタム品とはいえ、一般のモデルガン同様に金属パーツとABSパーツで各部の形状がリアルに再現されていて、非常に精巧に出来ています。

P6291021.jpg

↑実際のステージガンではステアーのライフルのパーツがそのまま流用されていたボルトやチャンバー部分がキチンと再現されている上、一部のパーツはメッキ処理されています。

P6291018.jpg

↑更にボルトは可動可能です。
実際にはモデルガンとしての機能には一切無関係なパーツですし、劇中でもボルトを動かすシーンは無かったのですが、いじって遊ぶにはなんとも嬉しいギミックです。
ステアーライフルのモデルガン自体が存在しないので、このブラスターの為にわざわざ金型を作っているのが凄いですね・・。

P6291023.jpg

↑発火ギミックは内蔵のチーフスペシャルの機能を使っています。
本体横のパーツがヨークに固定されているので、サムピースを押してパーツを開くと連動して内蔵のシリンダーが顔を出します(エジェクターロッドは付いていません)。

P6291025.jpg

↑付属の発火カートは同社のチーフスペシャル用の38カートと同形の物ですが、目立たないように黒い仕上げのケースになっていて、リム底の刻印も専用の物になっています。
ただ、これを火薬で撃つのは勿体ないというか、やはり勇気がいりますね・・。

P6291027.jpg

↑バレル下(ステアーライフルのマガジン部分)の底にLEDの発光装置が付いています。
スイッチが内側にある為、いちいち底のパーツを外さないとON・OFFの切り替えが出来ない所が少々面倒ですが・・。

P6291029.jpg

↑LED発光状態。
ステージガン同様、左右合わせて4つのLEDが光ります。

P6291037.jpg

↑底のパーツの刻印。

P6291051.jpg

↑グリップはステージガンの設定に準じてオレンジのクリアパーツ製(ステージガンの方は琥珀という設定だったみたいです)。

P6291035.jpg

↑この銃、グリップフレーム、グリップエンド、トリガーガード等が金属製(メッキ仕上げ)な為、総重量が1.16kgと結構重いです。

P6291053.jpg

↑これで気分はデッカード!?
私個人的には過去のSF映画に登場したステージガンの中でデッカードブラスターを越える物は無いと思っています。
無意味な形状をしているにも関わらず、なぜかカッコいいんですよね。

P6291046.jpg

↑そういえば、もうすぐハートフォードからM2019ブラスターのスナブノーズカスタムが発売されるみたいです。
そちらの方は海外のブレードランナーファンがデザインした物らしいですが、ちょっと気になりますね・・。





SEO対策:武装神姫 SEO対策:ガンダム SEO対策:仮面ライダー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blondy51.blog23.fc2.com/tb.php/330-9f63cb0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。